個人事業主が導入可能な決済系サービス最終選考

Webサービスビジネス決済

目次一覧

 状態:  閲覧数:311  投稿日:2019-02-02  更新日:2019-02-05
最終結果 / 順位 / その後
今後

最終結果 / 順位 / その後

 閲覧数:102 投稿日:2019-02-02 更新日:2019-02-06 

最終結果


採用
・Stripe

やりたいこと(プラットフォーム構築)
・「Stripe」「PAY.JP Platform」何れでも出来る

「Stripe」を選択した理由
・検索結果でたくさん表示されたから、「Stripe」の方が流行っていると思われる
・広く使われているサービスの方が、これから色々調べていく際、何かと便利

優劣差は不明
・「PAY.JP Platform」の方が新しいサービスなのでそこら辺りも関係していると思われる
・「PAY.JP Platform」が流行ってきたら、その段階で再考する

順位


結局、2次選考結果と変わらず
・実際に使用してみても良いかなと思ったのは、下記左から「Kyash」まで
StripePAY.JP > paymo biz > LINE Pay > Kyash > Coiney > pring > イプシロン決済サービス > クロネコwebコレクト

その後


Stripe Connect Standardアカウント
・プラットフォーム構築する際、子アカウント登録は個人事業主しか登録できないため、若干戸惑うかも
・分かり易いと評判だが、「アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ」にある「Stripe, Inc.」が作成しているサービスなので、限界はある
・プラットフォーム作成者は大丈夫だとしても、販売者に対しては「出来るだけ分かりやすいUI」の方が良い
・その観点で考えていけば、「日本(東京都港区六本木)にあるPAY株式会社」が提供しているサービスの方が、分かりやすいUIのような気もする。まだ詳細未確認だけれども…

同じように感じている人がいた
・登録のUIは決して分かりやすくはないよね(子アカウントに最低限必要な機能以上が、管理画面に表示される)
・登録は親アカウントが行う、という方法は一つの選択肢だと思ったけれども、どうしようかなァー
会員さんには、パソコンをお持ちでない方もおられるので、また、うまく登録できないで問い合わせが多そうなことが予想されるので、子アカウントの登録自体は弊社が行うこととし、会員さんからはGoogle Formで情報をもらうようにしました
Stripe Connectの実装 その1

Custom アカウント
・「Custom アカウント」を検討してみたら、有料であることが判明
・アカウントの取引額に対する課金は構わないけれども、アクティブなアカウントに対する (月額)200円課金はちょっと厳しいかも
決済成立ごと3.6%+アクティブなアカウントに対して (月額)200円+アカウントの取引額に対して0.25%

現在(2019/2/6)の選択肢
・「Standard Stripeアカウント」で代わりに登録するか、「PAY.JP Platform」使用するか
・「paymo biz」が、あの分かりやすいUIで、プラットフォーム構築にも対応してくれたら一番良いのだが¨
・「paymo biz」を再度確認してみたけれども、プラットフォーム構築には未対応みたい。アカウント連結するような機能はない。そもそもそういうサービスではない。残念!
・「PAY.JP Platform」検討してみようかな。「Stripe」採用した理由は、「流行っているから」という「ふわっとした理由」だったので…

PAY.JP Platformアカウントの、新規作成受付は停止中(2019/2/6)
・停止している理由は、「機能拡張に伴うPAY.JP PlatformのAPI仕様変更」を予定しているため
→ どうやら「Stripe」一択みたい

2019/2/7時点の考え / 今後

 閲覧数:97 投稿日:2019-02-05 更新日:2019-02-07 

2019/2/7時点の考え


Custom アカウント
・「アクティブなアカウントに対する (月額)200円課金」が嫌で除外したけれども、損しないようにすればよいだけでは?
決済成立ごと3.6%+アクティブなアカウントに対して (月額)200円+アカウントの取引額に対して0.25%

今後


Stripe。Stripeアカウントを持っていない人でもクレジットカード決済が出来る
デモ
Open Challenger

PAY.JP
デモ


個人事業主が導入可能な決済系サービス2次選考過程第1段階



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 個人事業主が導入可能な決済系サービス2次選考過程第1段階 80
2 個人事業主が導入可能な決済系サービス簡易比較表 及び 1次選考過程 73
3 個人事業主 37
4 課金決済代行サービスを分類 34
5 Webサービス 28
6 マッチングサービス 26
7 決済系用語の整理 20
8 2018年を振り返り、2019年の方針を決める。Webサービスビジネス 18
9 リーディングアプリサービスとなるためには信頼関係など不要。アフィリエイターを使い捨てる戦略が有効 17
10 アクセス数が少ない Webサイト(開発ブログ) を非公開へ変更 15
11 ストリーミングAPI 13
12 Webサイトで課金決済するためにはどうすればよいか、調査 12
13 「お問い合わせフォームの日本語」をどう書けば良いかが分からない 11
14 「Twitter Developers」でアプリケーションを新規作成するためには? SMS認証用コードを確認可能な電話番号の登録が必要 11
15 Twitterで並替機能を利用するモーメント数表示が0になるバグ。Twitter側は直す気がないと思われ 11
16 2020年1月21日から最初に生成した以降、アクセストークンとアクセストークンシークレットは表示されなくなる 11
17 「Twitter アカウント開設」のために受信可能なメールアドレスと、「Twitter Developersアカウント開設」のために受信可能なメールアドレスは仕様が異なる(と思われる) 11
18 プロジェクトをいかに再利用しやすい様、共通するかが大事 8
19 Git 失敗履歴1。リポジトリ削除 → ソースコード削除 8
20 コード管理 7
2021/8/06 1:43 更新
週間人気ページランキング / 7-30 → 8-5
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Fintechの中で興味がある内容を自分の言葉でまとめていくための目次 | 決済(Webサービスビジネス) 7
2 GitHubリモートリポジトリ名には日本語を使用できない。使用すると、ハイフンへ自動置換されてしまう | GitHub(開発環境) 5
2 過去の「0文字引用RT」を期間指定して取得しようとするも、挫折 | Twitter API (Twitter) 5
3 Git 用語の基礎 | Git BASH(開発環境) 3
3 Windows10で使用できるGitクライアント | GitHub(開発環境) 3
3 Twitter 認証で電子メール取得するまで | Twitter Developer(Twitter) 3
3 teratailでは質問しない | プログラミング 3
3 authorize VS authenticate VS アプリケーションのみの認証 | Twitter Developer(Twitter) 3
4 Git BASH(開発環境) カテゴリー 2
4 we are unable to approve your developer application at this time. | Twitter Developer(Twitter) 2
4 Knuth–Morris–Pratt algorithm border | プログラミング 2
4 開発環境 カテゴリー 2
4 アクセス数が少ない Webサイト(開発ブログ) を非公開へ変更 | Webサービス開発 2
4 Bootstrap(デザイン) カテゴリー 2
4 Twitte API 使用の勘所 | Twitter Developer(Twitter) 2
4 地雷API | API(プログラミング) 2
4 動画対応 | プログラミング 2
4 「Twitter Developer」で、遭遇したエラー系メッセージ | Twitter Developer(Twitter) 2
4 「Twitterデータ」対応 | Twitter Developer(Twitter) 2
4 コインチェック株式会社   | Webサービスビジネス 2
2021/8/6 1:04 更新