GitHub への PUSH へ 1回成功したぐらいでは、Git 理解したことには全然ならない

開発環境Git BASH

目次一覧

 状態:確認中  閲覧数:24  投稿日:2020-06-01  更新日:2020-06-01
最初に結論 / 失敗履歴 / 理解出来ない挙動

最初に結論 / 失敗履歴 / 理解出来ない挙動

 閲覧数:14 投稿日:2020-06-01 更新日:2020-06-01 

最初に結論


GitHub への PUSH へ 1回成功したぐらいでは、Git 理解したことには全然ならない

「Git 理解した」と思うまでは
「PUSH」するためのディレククトリを別途作成して、そこで Git 操作する
※何かあった場合でも、元ソースコードからいつでも復活できるようにするため(バージョン管理ツールなのに本末転倒のような気もするが、仕方ない)

失敗履歴


「$ git reset」失敗履歴1。Git BASH 経由で Windows10 から GitHub へ PUSH しようとするも、誤ってソースコードを削除してしまう

理解出来ない挙動


たまたまうまくいっただけ
「理解できていないコマンド」を(バックアップ取得していない)コードに試すことは止めた方が良い

cd
作業ディレクトリ(Lドライブの「/3_開発/git/東京都/」)へ移動する
user@xxxx MINGW64 /c
$ cd /L/3_開発/git/東京都

git init
作業ディレクトリ内へ、Gitの(空の)ローカルリポジトリを作成する
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都
$ git init
Initialized empty Git repository in L:/3_開発/git/東京都/.git/


git add -A
作業ディレクトリ内にあるファイルを全てコミット候補にする
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git add -A

git commit -m
インデックスに追加されたファイルをコミットする(コミットメッセージも指定する)
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git commit -m "first commit"
[master (root-commit) 99ac2bf] first commit
1 file changed, 1 insertion(+)
create mode 100644 "\346\235\261\344\272\254\351\203\275\346\270\257\345\214\272.txt"


git remote add origin
ローカルリポジトリに、リモートリポジトリを設定する
※リモートリポジトリは、GitHub の GUI 経由で事前作成しておく必要がある
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git remote add origin git@github.com:GitHubユーザー名/東京都.git

git remote -v
ローカルリポジトリに設定されている、リモートリポジトリ内容を一覧表示(URLも表示)
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git remote -v
origin  git@github.com:GitHubユーザー名/東京都.git (fetch)
origin  git@github.com:GitHubユーザー名/東京都.git (push)


git push origin master
ローカルリポジトリ(masterブランチ)(の変更)を送信して、リモートリポジトリ(「origin」上の同名ブランチ)へ反映させる
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git push -u origin master
fatal: remote error:
  is not a valid repository name
 Email support@github.com for help


git remote add origin
ローカルリポジトリに、リモートリポジトリを設定する
※リモートリポジトリは、GitHub の GUI 経由で事前作成しておく必要がある
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git remote add origin git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git
fatal: remote origin already exists.


git push origin master
ローカルリポジトリ(masterブランチ)(の変更)を送信して、リモートリポジトリ(「origin」上の同名ブランチ)へ反映させる
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git push -u origin master
fatal: remote error:
  is not a valid repository name
 Email support@github.com for help


git remote rm
ローカルリポジトリからリモート URL を削除する
※リモートリポジトリをサーバから削除するわけではない(ローカルリポジトリからリモートリポジトリへの参照を削除するだけ)
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git remote rm origin

git remote -v
ローカルリポジトリに設定されている、リモートリポジトリ内容を一覧表示(URLも表示)
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git remote -v

git remote add origin
ローカルリポジトリに、リモートリポジトリを設定する
※リモートリポジトリは、GitHub の GUI 経由で事前作成しておく必要がある
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git remote add origin git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_06_01.git

user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git push -u origin master
To github.com:GitHubユーザー名/test_2020_06_01.git
! [rejected]        master -> master (fetch first)
error: failed to push some refs to 'git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_06_01.git'
hint: Updates were rejected because the remote contains work that you do
hint: not have locally. This is usually caused by another repository pushing
hint: to the same ref. You may want to first integrate the remote changes
hint: (e.g., 'git pull ...') before pushing again.
hint: See the 'Note about fast-forwards' in 'git push --help' for details.


git remote add origin
ローカルリポジトリに、リモートリポジトリを設定する
※リモートリポジトリは、GitHub の GUI 経由で事前作成しておく必要がある
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git remote add origin git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git
fatal: remote origin already exists.


git push origin master
ローカルリポジトリ(masterブランチ)(の変更)を送信して、リモートリポジトリ(「origin」上の同名ブランチ)へ反映させる
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git push -u origin master
To github.com:GitHubユーザー名/test_2020_06_01.git
! [rejected]        master -> master (fetch first)
error: failed to push some refs to 'git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_06_01.git'
hint: Updates were rejected because the remote contains work that you do
hint: not have locally. This is usually caused by another repository pushing
hint: to the same ref. You may want to first integrate the remote changes
hint: (e.g., 'git pull ...') before pushing again.
hint: See the 'Note about fast-forwards' in 'git push --help' for details.


user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git remote -v
origin  git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_06_01.git (fetch)
origin  git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_06_01.git (push)


git remote rm
ローカルリポジトリからリモート URL を削除する
※リモートリポジトリをサーバから削除するわけではない(ローカルリポジトリからリモートリポジトリへの参照を削除するだけ)
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git remote rm origin

git remote -v
ローカルリポジトリに設定されている、リモートリポジトリ内容を一覧表示(URLも表示)
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git remote -v

git remote add origin
ローカルリポジトリに、リモートリポジトリを設定する
※リモートリポジトリは、GitHub の GUI 経由で事前作成しておく必要がある
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git remote add origin git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git

git push origin master
ローカルリポジトリ(masterブランチ)(の変更)を送信して、リモートリポジトリ(「origin」上の同名ブランチ)へ反映させる
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git push -u origin master
To github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git
! [rejected]        master -> master (fetch first)
error: failed to push some refs to 'git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git'
hint: Updates were rejected because the remote contains work that you do
hint: not have locally. This is usually caused by another repository pushing
hint: to the same ref. You may want to first integrate the remote changes
hint: (e.g., 'git pull ...') before pushing again.
hint: See the 'Note about fast-forwards' in 'git push --help' for details.


git remote -v
ローカルリポジトリに設定されている、リモートリポジトリ内容を一覧表示(URLも表示)
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git remote -v
origin  git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git (fetch)
origin  git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git (push)


git push origin master
ローカルリポジトリ(masterブランチ)(の変更)を送信して、リモートリポジトリ(「origin」上の同名ブランチ)へ反映させる
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git push -u origin master
To github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git
! [rejected]        master -> master (fetch first)
error: failed to push some refs to 'git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git'
hint: Updates were rejected because the remote contains work that you do
hint: not have locally. This is usually caused by another repository pushing
hint: to the same ref. You may want to first integrate the remote changes
hint: (e.g., 'git pull ...') before pushing again.
hint: See the 'Note about fast-forwards' in 'git push --help' for details.


user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git fetch
warning: no common commits
remote: Enumerating objects: 3, done.
remote: Counting objects: 100% (3/3), done.
remote: Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (3/3), done.
From github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601
* [new branch]      master     -> origin/master


git push origin master
ローカルリポジトリ(masterブランチ)(の変更)を送信して、リモートリポジトリ(「origin」上の同名ブランチ)へ反映させる
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git push -u origin master
To github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git
! [rejected]        master -> master (non-fast-forward)
error: failed to push some refs to 'git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git'
hint: Updates were rejected because the tip of your current branch is behind
hint: its remote counterpart. Integrate the remote changes (e.g.
hint: 'git pull ...') before pushing again.
hint: See the 'Note about fast-forwards' in 'git push --help' for details.


user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git pull origin master
From github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601
* branch            master     -> FETCH_HEAD
fatal: refusing to merge unrelated histories


git push origin master
ローカルリポジトリ(masterブランチ)(の変更)を送信して、リモートリポジトリ(「origin」上の同名ブランチ)へ反映させる
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git push -u origin master
To github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git
! [rejected]        master -> master (non-fast-forward)
error: failed to push some refs to 'git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git'
hint: Updates were rejected because the tip of your current branch is behind
hint: its remote counterpart. Integrate the remote changes (e.g.
hint: 'git pull ...') before pushing again.
hint: See the 'Note about fast-forwards' in 'git push --help' for details.


git push origin master
ローカルリポジトリ(masterブランチ)(の変更)を送信して、リモートリポジトリ(「origin」上の同名ブランチ)へ反映させる
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git push -u origin master
To github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git
! [rejected]        master -> master (non-fast-forward)
error: failed to push some refs to 'git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git'
hint: Updates were rejected because the tip of your current branch is behind
hint: its remote counterpart. Integrate the remote changes (e.g.
hint: 'git pull ...') before pushing again.
hint: See the 'Note about fast-forwards' in 'git push --help' for details.


user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git reset --soft HEAD^
fatal: ambiguous argument 'HEAD^': unknown revision or path not in the working tree.
Use '--' to separate paths from revisions, like this:
'git <command> [<revision>...] -- [<file>...]'


user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git pull origin master
From github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601
* branch            master     -> FETCH_HEAD
fatal: refusing to merge unrelated histories


git push origin master
ローカルリポジトリ(masterブランチ)(の変更)を送信して、リモートリポジトリ(「origin」上の同名ブランチ)へ反映させる
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git push -u origin master
To github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git
! [rejected]        master -> master (non-fast-forward)
error: failed to push some refs to 'git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git'
hint: Updates were rejected because the tip of your current branch is behind
hint: its remote counterpart. Integrate the remote changes (e.g.
hint: 'git pull ...') before pushing again.
hint: See the 'Note about fast-forwards' in 'git push --help' for details.


user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git pull --rebase origin master
From github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601
* branch            master     -> FETCH_HEAD
First, rewinding head to replay your work on top of it...
Applying: first commit


git push origin master
ローカルリポジトリ(masterブランチ)(の変更)を送信して、リモートリポジトリ(「origin」上の同名ブランチ)へ反映させる
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/東京都 (master)
$ git push -u origin master
Enumerating objects: 4, done.
Counting objects: 100% (4/4), done.
Delta compression using up to 8 threads
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (3/3), 311 bytes | 155.00 KiB/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To github.com:GitHubユーザー名/test_2020_0601.git
  1fec270..fc336b2  master -> master
Branch 'master' set up to track remote branch 'master' from 'origin'.



「ERROR: Repository not found. fatal: Could not read from remote repository.」と表示された場合は、

「$ git push -u」を実行すると、上流ブランチが設定される。→ これ以降「git push」「git pull」する際にレポジトリ、ブランチ引数を省略できる



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 Git BASH 経由で、Windows10 から GitHub へ PUSH する 34
2 GitHubリモートリポジトリ名には日本語を使用できない。使用すると、ハイフンへ自動置換されてしまう 31
3 Twitter 複数アカウントでPOSTしたい 26
4 TwitterOAuth では、画像URL を指定した画像投稿は出来ない(と思う)。ライブラリを使用しなければ出来るから、Twitter API の制限ではない(と思われる)  24
5 Git 失敗履歴2。「$ git reset」→ ソースコード削除。※Git BASH 経由で Windows10 から GitHub へ PUSH しようとするも、誤ってソースコードを削除してしまう 23
6 teratailでは質問しない 23
7 Twitter 回答を得られなかったQ 21
8 GitHub Desktop 試行錯誤履歴 21
9 2020年1月21日から最初に生成した以降、アクセストークンとアクセストークンシークレットは表示されなくなる 20
10 「Twitter Developers」でアプリケーションを新規作成するためには? SMS認証用コードを確認可能な電話番号の登録が必要 19
11 既存Twitterアカウントより電話番号を削除すると、どうなるの? 新規アプリ作成する際、再度電話番号を使用したSMS認証が必要になる 19
12 Twitter 回答を得られたQ 19
13 「Twitter Developer」審査結果に通り、appを作成。しかし、いつの間にか「User is not Authorized」が表示されていたケース 19
14 Webサイトで課金決済するためにはどうすればよいか、調査 19
15 Git 用語の基礎 18
16 リファクタは、開発が一区切りついた段階でなるべく実行した方が良い 18
17 「既存Twitterアプリが使用できる」からと言って「Twitter開発者アカウント」を保持しているとは限らない 17
18 「Twitter Developer」で、遭遇したエラー系メッセージ 17
19 Fintechの中で興味がある内容を自分の言葉でまとめていくための目次 17
20 GitHubのリポジトリ名を変更するためには、GitHubのWebページへアクセス。[Repositories] - [Settings]タブをクリック後、[Repository name]へ入力後、[Rename]ボタンをクリックする 17
2020/10/29 22:03 更新