「ERROR: Repository not found. fatal: Could not read from remote repository.」と表示された場合は、

開発環境Git BASH

目次一覧

 状態:確認中  閲覧数:92  投稿日:2020-06-01  更新日:2020-06-01
originを削除する

originを削除する

 閲覧数:40 投稿日:2020-06-01 更新日:2020-06-01 
git push origin master
ローカルリポジトリ(masterブランチ)(の変更)を送信して、リモートリポジトリ(「origin」上の同名ブランチ)へ反映させる
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/大阪府 (master)
$ git push -u origin master
ERROR: Repository not found.
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.


git remote rm
ローカルリポジトリからリモート URL を削除する
※リモートリポジトリをサーバから削除するわけではない(ローカルリポジトリからリモートリポジトリへの参照を削除するだけ)
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/大阪府 (master)
$ git remote rm origin

user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/大阪府 (master)
$ git remote add origin git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_06_01.git

user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/大阪府 (master)
$ git remote -v
origin  git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_06_01.git (fetch)
origin  git@github.com:GitHubユーザー名/test_2020_06_01.git (push)


git push origin master
ローカルリポジトリ(masterブランチ)(の変更)を送信して、リモートリポジトリ(「origin」上の同名ブランチ)へ反映させる
user@xxxx MINGW64 /L/3_開発/git/大阪府 (master)
$ git push -u origin master
Enumerating objects: 3, done.
Counting objects: 100% (3/3), done.
Delta compression using up to 8 threads
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (3/3), 244 bytes | 122.00 KiB/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To github.com:GitHubユーザー名/test_2020_06_01.git
 * [new branch]      master -> master
Branch 'master' set up to track remote branch 'master' from 'origin'.



fatal: remote error: is not a valid repository name

GitHub への PUSH へ 1回成功したぐらいでは、Git 理解したことには全然ならない



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 「Email sent! We sent you a new copy of the confirmation email.」と表示されているのに、メール受信出来ない 30
2 「Twitter Developer」審査結果に通り、appを作成。しかし、いつの間にか「User is not Authorized」が表示されていたケース 25
3 fatal: remote error: is not a valid repository name 23
4 「Windows10」へ「gitfor windows VERSION 2.18.0」をインストール 22
5 「Windows10」へ「gitfor windows VERSION 2.22.0」をインストール 22
6 Knuth–Morris–Pratt algorithm border 21
7 we are unable to approve your developer application at this time. 21
8 「Google AdSense」と「iOSアプリ開発」の共通点 20
9 「Twitter Developer」で、遭遇したエラー系メッセージ 20
10 「Twitter Developers」でApp作成 20
11 Twitterにおける「name」「screen_name」「user_id」の意味は明確に異なる 19
12 「User is not Authorized」と「Phone number is already in use for too many accounts and cannot be added to another user.」は連動していない 19
13 Twitter Developer Labs 19
14 同じ携帯電話番号でも、複数の「Twitter Developers」アカウントを作成可能 18
15 Phone number is already in use for too many accounts and cannot be added to another user. 18
16 User is not Authorized の闇 18
17 「Twitter アカウント開設」のために受信可能なメールアドレスと、「Twitter Developersアカウント開設」のために受信可能なメールアドレスは仕様が異なる(と思われる) 18
18 Twitterで、画像(extended_entities)取得できないツイートがある場合は、tweet_modeパラメータ付与 17
19 「Twitter Developers」でアプリケーションを新規作成するためには? SMS認証用コードを確認可能な電話番号の登録が必要 17
20 旧 Twitter API 分類 / REST APIs / Streaming APIs 17
2021/2/28 15:29 更新
週間人気ページランキング / 2-21 → 2-27
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 今日の勘違い | Bootstrap(デザイン) 6
2 課金決済代行サービスを分類 | Webサービスビジネス 4
2 マッチングサービス | Webサービスビジネス 4
2 Twitter 複数アカウントでPOSTしたい | Twitter Developer(Twitter) 4
3 個人事業主 | Webサービスビジネス 2
3 作成したい課金プラットフォーム | 決済(Webサービスビジネス) 2
3 Twitter アプリケーション分類 | Twitter Developer(Twitter) 2
3 2018年を振り返り、2019年の方針を決める。Webサービスビジネス | Webサービスビジネス 2
3 個人事業主が導入可能な「支払、送金」機能を有する決済系サービス簡易比較表 2
3 ソフトウェア カテゴリー 2
3 Twitter Developer(Twitter) カテゴリー 2
3 Git BASH 経由で、Windows10 から GitHub へ PUSH する | GitHub(開発環境) 2
3 プログラミング言語比較チートシート | プログラミング 2
3 デモ動作確認済API | Twitter Developer(Twitter) 2
3 「Twitterデータ」対応 | Twitter Developer(Twitter) 2
3 teratailでは質問しない | プログラミング 2
3 うちはイタチ と 断捨離 | プログラミング 2
3 電話番号認証を新規で行う(SMSメールを受信する)度に、(以前の該当アカウントでは)下記メールを受け取る 2
3 Twitter 認証で電子メール取得するまで | Twitter Developer(Twitter) 2
3 アクセス数が少ない Webサイト(開発ブログ) を非公開へ変更 | Webサービス開発 2
2021/2/28 1:02 更新