「Windows10」へ「gitfor windows VERSION 2.22.0」をインストール

開発環境GitHub

目次一覧

 状態:  閲覧数:382  投稿日:2019-06-21  更新日:2019-06-24
ダウンロード後、インストール

インストール確認 / Gitの初期設定

ダウンロード後、インストール

 閲覧数:106 投稿日:2019-06-21 更新日:2019-06-24 

ダウンロード


公式ページよりダウンロード
・gitfor windows VERSION 2.22.0

インストール


ダウンロードされた「Git-2.22.0-64-bit.exe」をダブルクリック

1.Gitのインストール先


L:\9.soft
→ 「Next」をクリック

2.Select Componentsの画面


・インストールするコンポーネントを選択する.
・「Desktopのアイコンを作る」にチェックを入れる
・他はデフォルト
→ 「Next」をクリック

スタートメニューに追加されるフォルダの名前
・デフォルトの設定でインストール
Git
→ そのまま「Next」をクリック

3.editor


デフォルトのまま「Next」をクリック
・デフォルトのvimを選択した状態で「Next」をクリック

4.環境変数をどうするか


デフォルトのまま「Next」をクリック
・デフォルトの「Use Git from the Windows Command Prompt」にチェック入れた状態で「Next」をクリック

5.SSLライブラリの選択


デフォルトのまま「Next」をクリック
・デフォルトの「Use OpenSSL」にチェック入れた状態で「Next」をクリック

6.改行の取り扱いについての設定


デフォルト
・「Checkout Windows-style, commit Unix-style line endings」にチェックが入っている状態
※チェックアウト時に改行コードはCR LFに変更され、コミット時には全てLFに変換される

下記へチェックを入れる
Checkout as-is, commit as-is
・改行コードについては何もしない

7.Gitで使用するコンソールをCygwinで使用されているMinttyを使用するか、Windowsの標準コンソールを使用するか選択


デフォルトのまま「Next」をクリック
・デフォルトの「Use MinTTY(the default terminal of MSYS2)」にチェック入れた状態で「Next」をクリック

8.gitconfigについての設定


デフォルトのまま「Next」をクリック
・デフォルトの「Enable file system caching」と「Enable Git Credential Manager」にチェック入れた状態で「Next」をクリック
・Enable file system caching … git status時などでの応答速度を改善するfscacheキャッシュを有効にするかしないかオプション
・Enable Git Credential Manager

「Install」ボタンを押下

・デフォルト選択状態のまま「Finish」ボタンを押下

下記の通り選択したが、「コミット時に改行コードを自動変換するか」については、Windowsの場合は一番上を選択した方が良いみたい
→ 後で変更した
WindowsにGitをインストールする方法

インストール確認 / Gitの初期設定

 閲覧数:99 投稿日:2019-06-21 更新日:2019-06-24 

インストール確認


デスクトップの「Git Bash」ショートカットをダブルクリック

リンク先
L:\9.soft\Git\git-bash.exe --cd-to-home


インストールされているGitバージョンを確認する
$ git --version
git version 2.22.0.windows.1

user@DESKTOP-xxxx MINGW64 ~


Gitの初期設定


Gitをインストールしたときに最初にすべきこと
・ユーザー名とEmailアドレスを設定する
・誰が変更したかの記録を残すために、最初にユーザー名とメールアドレスを登録しておく必要がある
・全てのGitのコミットはこの情報を用いる。作成するコミットに永続的に焼き付けられる

GitHubユーザー名
$ git config --global user.name 'GitHubユーザー名'

GitHubメールアドレス
$ git config --global user.email 'GitHubメールアドレス'

設定の確認
全ての設定を一覧するコマンド
$ git config --list
core.symlinks=false
core.autocrlf=false
core.fscache=true
color.diff=auto
color.status=auto
color.branch=auto
color.interactive=true
help.format=html
rebase.autosquash=true
http.sslcainfo=L:/9.soft/Git/mingw64/ssl/certs/ca-bundle.crt
http.sslbackend=openssl
diff.astextplain.textconv=astextplain
filter.lfs.clean=git-lfs clean -- %f
filter.lfs.smudge=git-lfs smudge -- %f
filter.lfs.process=git-lfs filter-process
filter.lfs.required=true
credential.helper=manager
user.name=e1blue
user.email=GitHubメールアドレス
core.repositoryformatversion=0
core.filemode=false
core.bare=false
core.logallrefupdates=true
core.symlinks=false
core.ignorecase=true


設定していないとどうなるの?
$ git commit -m "first commit"

*** Please tell me who you are.

Run

 git config --global user.email "you@example.com"
 git config --global user.name "Your Name"

to set your account's default identity.
Omit --global to set the identity only in this repository.

fatal: unable to auto-detect email address (got 'user@DESKTOP-5SHVLVQ.(none)')



最初のGitの構成




「Windows10」へ「gitfor windows VERSION 2.18.0」をインストール

Git BASH 経由で、Windows10 から GitHub へ PUSH する



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 「Windows10」へ「gitfor windows VERSION 2.18.0」をインストール 66
2 Windows10で使用できるGitクライアント 35
3 Git BASH 経由で、Windows10 から GitHub へ PUSH する 28
4 Git 失敗履歴2。「$ git reset」→ ソースコード削除。※Git BASH 経由で Windows10 から GitHub へ PUSH しようとするも、誤ってソースコードを削除してしまう 28
5 Twitter API 1.0 28
6 「Google AdSense」と「iOSアプリ開発」の共通点 27
7 「インターネット計測とデータ解析 2010」視聴メモ 26
8 同じ携帯電話番号でも、複数の「Twitter Developers」アカウントを作成可能 26
9 旧 Twitter API 分類 / REST APIs / Streaming APIs 25
10 Twitter 複数アカウントでPOSTしたい 25
11 Twitter API v1.1 24
12 「Email sent! We sent you a new copy of the confirmation email.」と表示されているのに、メール受信出来ない 24
13 「Twitter API」を利用するためには? / Twitter API v1.1 / OAuth 1.0A / OAuth 2.0 24
14 「Twitter Developers」でApp作成 24
15 Twitter Developers からのメール   23
16 「Twitter Developers」でアプリケーションを新規作成するためには? SMS認証用コードを確認可能な電話番号の登録が必要 22
17 「ERROR: Repository not found. fatal: Could not read from remote repository.」と表示された場合は、 22
18 「Twitterデータ」対応 22
19 Twitter 旧レート制限 22
20 「Twitter Developer」審査結果に通り、appを作成。しかし、いつの間にか「User is not Authorized」が表示されていたケース 22
2021/8/06 3:52 更新
週間人気ページランキング / 7-30 → 8-5
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Fintechの中で興味がある内容を自分の言葉でまとめていくための目次 | 決済(Webサービスビジネス) 7
2 GitHubリモートリポジトリ名には日本語を使用できない。使用すると、ハイフンへ自動置換されてしまう | GitHub(開発環境) 5
2 過去の「0文字引用RT」を期間指定して取得しようとするも、挫折 | Twitter API (Twitter) 5
3 Git 用語の基礎 | Git BASH(開発環境) 3
3 Windows10で使用できるGitクライアント | GitHub(開発環境) 3
3 Twitter 認証で電子メール取得するまで | Twitter Developer(Twitter) 3
3 teratailでは質問しない | プログラミング 3
3 authorize VS authenticate VS アプリケーションのみの認証 | Twitter Developer(Twitter) 3
4 Git BASH(開発環境) カテゴリー 2
4 we are unable to approve your developer application at this time. | Twitter Developer(Twitter) 2
4 Knuth–Morris–Pratt algorithm border | プログラミング 2
4 開発環境 カテゴリー 2
4 アクセス数が少ない Webサイト(開発ブログ) を非公開へ変更 | Webサービス開発 2
4 Bootstrap(デザイン) カテゴリー 2
4 Twitte API 使用の勘所 | Twitter Developer(Twitter) 2
4 地雷API | API(プログラミング) 2
4 動画対応 | プログラミング 2
4 「Twitter Developer」で、遭遇したエラー系メッセージ | Twitter Developer(Twitter) 2
4 「Twitterデータ」対応 | Twitter Developer(Twitter) 2
4 コインチェック株式会社   | Webサービスビジネス 2
2021/8/6 1:04 更新