LINUXSTYLE

serverLinux

体系化のためのPersonalReference

 状態:  閲覧数:224  投稿日:2015-11-24  更新日:2019-11-01
このサイトは?
・Fedora9で自宅サーバー構築を行なった際の個人のメモ書きを記したもの
・しかし、もう随分と前に「自宅サーバー」自体も停止させている

自宅サーバを止めた理由
・思ったよりもパソコンの音がうるさかった(サーバーなので24時間稼動させていなければいけない)
・海外からの大量アクセスへの対処法が不明もしくは面倒
・サーバー管理が目的で立ち上げたわけではないのに、ここに労力をかけるのもどうかと思った

今後
・いつかまた、自宅サーバを構築することがあるかもしれないので、一応、エントリーは残しておく
→ 自宅サーバ構築しない


先日、掲示板のソースコードを読んでいたら、「DNSBL」ブラックリスト検索サービスに関する記述がありました。DNSBLでは、「DNSを使って正引きできるかどうか」で、ブラックリスト入りの有無を調べられるようになっているのですが、「あるIPアドレスがブラックリスト入りしているかどうかを調べる」場合は「調べたいIPアドレスの逆順.DNSBLのサーバホスト名」を正引きすれば良い、ということを知らなかったため、右往左往した覚えがあります。何となく、アプリだけやっとけばネットワークは別にやらんでも、って思ってたのですが、当たり前の話ですが、両者は密接に繋がっているな、と改めて気付いた次第でした


・ネットワークの専門家でも、プログラマでも、デザイナーでも、ディレクターでも何でもない人が、その日の気分だけで制作しているサイト

履歴

 閲覧数:110 投稿日:2015-11-24 更新日:2015-11-24 

XOOPSでサイト構築




Wordpress移行


2012/3/3


完全削除


2015/11/24
・Fedora 7 を Fedora 9 へアップデートした際のメモなど、これから二度と見ることはない
※Fedora 最新バージョンは 23


Linux(x86系)起動の流れ



週間人気ページランキング / 4-8 → 4-14
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 「Twitterデータ」対応 | Twitter Developer(Twitter) 7
2 Twitter 認証で電子メール取得するまで | Twitter Developer(Twitter) 6
3 Google Chrome 拡張機能 カテゴリー 4
4 ログイン 3
5 authorize authenticate | Twitter Developer(Twitter) 2
5 「Windows10」へ「gitfor windows VERSION 2.22.0」をインストール | GitHub(開発環境) 2
5 プログラミング カテゴリー 2
5 開発 0 2
5 課金決済代行サービスを分類 | Webサービスビジネス 2
5 個人事業主 | Webサービスビジネス 2
6 既存Twitterアカウントより電話番号を削除すると、どうなるの? 新規アプリ作成する際、再度電話番号を使用したSMS認証が必要になる | Twitter Developer(Twitter) 1
6 Twitter API 1.0 | Twitter API 旧仕様(Twitter) 1
6 「User is not Authorized」と「Phone number is already in use for too many accounts and cannot be added to another user.」は連動していない | Twitter Developer(Twitter) 1
6 プロジェクトをいかに再利用しやすい様、共通するかが大事 | Webサービス開発 1
6 同じ携帯電話番号でも、複数の「Twitter Developers」アカウントを作成可能 | Twitter Developer(Twitter) 1
6 フォルダ/ファイル構成 | プログラミング 1
6 「Twitter Developers アカウント」を新規作成するためには、電話番号が必要 /「Twitter Developers アカウント」を新規作成すると、「Twitter アカウント」に電話番号が登録される / 既存Twitterアカウントより電話番号を削除すると、どうなるの? 1
6 Twitter 電話番号の問題 | Twitter Developer(Twitter) 1
6 個人事業主が導入可能な「支払、送金」機能を有する決済系サービス簡易比較表 1
6 Twitter API Oauth / Application-only authentication: Oauth2 (bearer token) / Application-user authentication: Oauth 1a (access token for user context) 1
2021/4/15 1:01 更新