うちはイタチ と 断捨離

プログラミング

最近考えていること

 状態:  閲覧数:110  投稿日:2018-09-27  更新日:2019-11-01

一人の人間のキャパシティには限界がある


少し以前から「うちはイタチ」の下記セリフが気になってしょうがない
オレは一人で
何でもしようと
し…失敗した…
今度は…
それこそ仲間に
任せるさ

キャパシティ (capacity) とは?
・保持、受け入れ、または取り込む能力

フルスタックエンジニア

 閲覧数:38 投稿日:2018-09-27 更新日:2018-09-27 

フルスタックエンジニアとは?


アプリケーションエンジニア、サーバエンジニア、データベースエンジニア、ネットワークエンジニアなど複数の専門技術者と同等のスキルを、一人で持つエンジニア

仕事を辞めた時に考えたこと


これからは好きなことだけをして生きていく
・とりあえず、気になったことを調べ続けた

その結果、どうなったの?
・どうにもならない
・知識を得るごとに新たな知識欲が湧いてくる

疑問点解決前後の処理フロー


1.調べる

2.以前分からなかったことが分かるようになる
・新たな疑問も湧く

3.また1へ戻る
・この繰り返し

最近気が付いたこと


自分の欲望のまま調査し続けてもキリがない

一人の人間のキャパシティには限界がある
・覚える端から忘れていく
・記録を取るようにしているが、記録にとったこと自体を忘れていることもある
→ 一人の人間のキャパシティには限界がある

どうすれば良いの?

 閲覧数:40 投稿日:2018-09-27 更新日:2018-09-27 

優先順位を付ける


より意識して自分の興味範囲に制限を設ける

例えばプログラム
・疑問点をガチで追求していくとキリがなくなる
・Web系言語であれば、最終的には「コンパイル前の言語」まで調査しなければいけなくなる
・そんなのやってられない
→ 自分の知りたい欲求に制限を欠ける必要がある

隣の芝生は青く見える


フルスタックエンジニアなどいない
・どの言語にも精通して何でも完璧に出来る人などいないと思う

フルスタックエンジニアとは?
・フルスタックエンジニアっぽく振舞える人のこと
・具体的には、複数言語に対して、問題のポイントを素早く掴むことが出来るエンジニアのこと

しかし実際には
・彼らはすべての分野において専業トップレベルの知識を持つ人より詳しいわけではない

一人の人間のキャパシティを10とすると?


スーパーエンジニアのキャパシティは100かもしれない
・しかし、スーパーエンジニアのキャパシティが無限に増加し続けるわけではない(どこかで必ず限界はある)

一人の人間の技術キャパシティには限界がある

 閲覧数:40 投稿日:2018-09-27 更新日:2018-09-27 

インターネットで声が大きい人をスルーする力が必要かも


インターネットは煽りの世界
・知らなきゃ損する★★
・あなたの知っている★★はもう古い! ★★の新常識
・心配して損した
・★★を書く時代は終わりました。
・性能が★★倍に
・異次元の★★

WebGL


学習のきっかけ
・「面白そう。これぞWebの未来だ」と思い勉強してきた

実際に勉強してみて
・面白いのは面白いが難しい
・理解できるまでには膨大な時間を必要とすると思われ

WebGL 2.0
・まだ学習終わっていないのに、新しい仕様が登場

お金にならない
・手っ取り早くお金に繋げたい場合は、素直にUnity学習した方が良いと思われ

結論
今回の一連の不運騒動もあり、ルーティンワークも見直す時期に来ていると思われるので、学習を止めることにした(2018/9/27)

3DCG


以前に断捨離
・興味はあるのだが、とにかく難しい
・何となくは出来ても、意図した通りのものを正確に作成できない
・どこか学校にでも通わないと、狙ったモデリングが出来るようにはならないと思われ
・作業自体は楽しいのだが、時間を取られてしょうがないため、2015/8/17を最後に学習停止
→ アクセス数も少ないので、Webサイトを非公開設定へ変更

JavaScript

 閲覧数:42 投稿日:2018-09-27 更新日:2018-09-28 

JavaScript


これまで
・2017/11/7、学習を止めることにしたが、実際にはまだ継続していた(デモ理解のために)

これからは?
・2018/9/27からは、サービスベースでいく
・サービスを作成するために必要な点のみ調査
・既存サービスのコードを理解するため、1からコードリーディングするようなことをしない
・「気になるデモ」があったとしても、サービスへ繋がらないと判断した場合はスルーしていく

アクセス数も少ないので、Webサイトを非公開設定へ変更
・JavaScript用語
・JavaScriptデモ

Go


学習の動機が不純
・Webパフォーマンスチューニングの有名な大会「ISUCON」で、上位成績者が使用していた言語
・使用出来るようになると格好が良いかな、と何となく思っていた
・Webでも使えることを知ったのが学習のきっかけ(図書館を訪れた際、「Go言語によるWebアプリケーション開発」という書籍をたまたま見つけた)

実際に学習してみて
・Webアプリの開発言語として実際に使えるかは疑問
・「Webで Hello World を表示すること」と、「Webアプリケーションを開発すること」は別であることを思い知る
・インフラ系のエンジニアなら学ぶ意義はあるような気がする

これからは?
・プログラミング理解メインではなく、サービス公開メインでいくため、Goの学習を止めることにする(2018/9/28)
・私がGoを学んでもしょうがない。それより他にやるべきことはたくさんある

Python


学習のきっかけ
・流行りに乗りたかった
・機械学習を勉強しようと思った
・多重継承できると聞いて、言語の仕組み自体に興味を持った
・そう言えば以前からデータマイニングをやりたかった(但しその当時はどうやって学習すればよいのかまるで分からなかった)

学習してみて気が付いたこと
・Webとの相性は物凄く悪い
・学習には時間がかかる

これから学習するならPythonかもしれないが
・既にPHPを学んでいるのに、新たにPythonを学ぶ必要性を感じない
・言語的には素晴らしいのかもしれないが、サービスの観点からみれば、Pythonでしか出来ないことなどない
・機械学習系はPythonが最適だと思われるが、そもそも私が作るサービスで機械学習を使うことなどない、と思われ

整理すると
・機械学習をやらない限り、新たにPyhonを学ぶ必要はない
・プログラマーならPyhon学習しておいた方が良い気がするが、これからはサービス開発メインでいくので、言語にこだわる必要はない
・一から作るサービスならPyhonを選択するかもしれないが、大体のWebサービスは既存PHPの使いまわしで構築可能なので、そちらを選択するべき

これからは?
・Pythonの学習を止めることにする(2018/9/28)
・お金を稼げるようになり、生活に余裕が出てきたら、再開するかも…

ここでの「断捨離」は「選択と集中」の手段の意


選択と集中とは?
・複数の事業分野に進出している多角経営企業や多種多様な製品を取り扱っている企業が自社活動の中核となるコア事業の見極めと選択を行い、組織内の経営資源を集中的に投下することによって経営の効率化や業績向上を目指す経営戦略

古いコードを処分

ルーティンワークの見直し

 閲覧数:37 投稿日:2018-09-28 更新日:2018-09-28 

「Web」&「スマホ」


断捨離すると言っても、何れか一方に絞ることは出来ない
・正し、言語や対象を下記に絞る

Web
・PHP
・MySQL

スマホ
・Android

目的を明確化する


Webサービス
・何を目指すのかサービスごとに決定
・課金、広告収入、ブランディング、ドメインパワー向上

技術ブログ
・止める
・これからは技術を売りにしない
・サービスメインでいく
※ユーザは基本的に成果物(あるいは知名度)で判断する。「知らない人が書いた有益な詳細情報」よりも「著名人が書いたふわっとした内容」の方が好まれる傾向にある

技術リファレンス
・旧技術ブログは、非公開後「技術リファレンス」と「ポエム」に分ける
・「技術リファレンス」は後で見返すことが前提なので、試行錯誤履歴を削除。常に最新の状態を維持
・「ポエム」は、試行錯誤履歴やその時どう感じたかを書く。簡単に言えば、単なる感想日記

スマホアプリ
・「課金」もしくは「広告収入」

戦略が必要


株式会社はてなの創業者「近藤淳也」が次のようなことを言っていた
・良いサービスを作ったら、勝手に流行っていくと思っていた
※今改めて確認してみたら、ちょっとニュアンスが違っていた。実際は下記の通り
良いサービスを作ることでユーザーの支持が集められて、その先の拡大が見込めると思いますし、最近人気がある個人から始まったサービスはそういう風に進めていると思いますね

Webサイトに限って言えば
・検索結果上位ページの「あざとさ」が目に付く

これからは?
・セルフブランディングもある程度必要
・「何でも正直に全部書けば良い」ってものじゃない

増田明美は取材内容の3割ぐらいしか話さない
・みたいなことを言っていた気がするが、今調べても出典不明だった
・何れにしてもこの方式は使える気がする
・サービスメインでいくのだから、良いところだけを厳選したポートフォリオを作成して公開

過去に未来だと信じていた内容を捨てる

 閲覧数:40 投稿日:2018-11-13 更新日:2018-11-13 

Titanium Studio


2018/11/13
・外付けハードディスクを整理していたら、フォルダが出てきた
・試しにキーワード検索してみたら、ひどいことになっている(予想以上に何も見つからない)
・過去に未来だと信じていたIDEなのに…
→ 削除


動画対応

何やってたか履歴



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 コインチェック株式会社   24
2 「インターネット計測とデータ解析 2010」視聴メモ 21
3 リーディングアプリサービスとなるためには信頼関係など不要。アフィリエイターを使い捨てる戦略が有効 17
4 Webサイトで課金決済するためにはどうすればよいか、調査 15
5 GitHubリモートリポジトリ名には日本語を使用できない。使用すると、ハイフンへ自動置換されてしまう 13
6 GitHub への PUSH へ 1回成功したぐらいでは、Git 理解したことには全然ならない 10
7 埋め込みツイート 10
8 TwitterOAuth では、画像URL を指定した画像投稿は出来ない(と思う)。ライブラリを使用しなければ出来るから、Twitter API の制限ではない(と思われる)  10
9 マッチングサービス 10
10 うさみみハリケーン 10
11 Git 用語の基礎 10
12 過去の「0文字引用RT」を期間指定して取得しようとするも、挫折 9
13 アクセス数が少ない Webサイト(開発ブログ) を非公開へ変更 9
14 リファクタは、開発が一区切りついた段階でなるべく実行した方が良い 9
15 Webサイト制作履歴 9
16 Twitter 目次 9
17 「Google AdSense」と「iOSアプリ開発」の共通点 9
18 Git 確認系コマンド 9
19 フォルダ/ファイル構成 9
20 Twitter API 9
2020/11/27 9:11 更新
週間人気ページランキング / 11-20 → 11-26
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 コインチェック株式会社   | Webサービスビジネス 3
2 Windows10で使用できるGitクライアント | GitHub(開発環境) 2
2 同じ携帯電話番号でも、複数の「Twitter Developers」アカウントを作成可能 | Twitter Developer(Twitter) 2
2 旧 Twitter API 分類 / REST APIs / Streaming APIs | Twitter API 旧仕様(Twitter) 2
2 Twitter 回答を得られなかったQ | Twitter Developer(Twitter) 2
2 RTだけ取得に挑戦 | Twitter Developer(Twitter) 2
2 TwitterOAuth では、画像URL を指定した画像投稿は出来ない(と思う)。ライブラリを使用しなければ出来るから、Twitter API の制限ではない(と思われる)  | Twitter 2
2 TwitterOAuth では、画像URL を指定した画像投稿は出来ない(と思う)。ライブラリを使用しなければ出来るから、Twitter API の制限ではない(と思われる)  | Twitter 2
3 埋め込みツイート | Twitter Developer(Twitter) 1
3 「Twitterデータ」対応 | Twitter Developer(Twitter) 1
3 Twitter 電話番号の問題 | Twitter Developer(Twitter) 1
3 teratailでは質問しない | プログラミング 1
3 Twitter API 1.0 | Twitter API 旧仕様(Twitter) 1
3 Webサービスビジネス カテゴリー 1
3 うさみみハリケーン / インストール 1
3 「ERROR: Repository not found. fatal: Could not read from remote repository.」と表示された場合は、 | Git BASH(開発環境) 1
3 ログイン 1
2020/11/27 1:01 更新